会社概要

ご挨拶

今日私達の生活は他の国を見た時非常に恵まれた環境にあります。
これから人が生活していく時大切にされるのは、食の安全と安心、そして食べて楽しく、癒やされる心の安心が求められる、この様な時代になっています。

従って当社は菓子を通じて、「お友達との語らいにはいつも菓子がある」「地域の集まりでもそこに菓子がある」「誕生日パーティーそこにも喜んでいただける美味しいお菓子が求められる」この様な人間社会に於いて楽しみや癒やしに、談らんになくてはならない位置を占めています。

このようにお菓子を通じて社会に貢献することで、社員の生活の安定と文化的営みが出来ることが当社の願いです。

津具屋グループホールディングス

企業の特徴

企業の特徴

信州・伊那谷で武田家に納める菓子をつくる「菓子司」として創業した津具屋。以来200年にわたり、「お菓子を通じて人に感動や安らぎを提供したい」との考えの下、素材にこだわり、伝統の味や地域特有の味に現代のニーズをプラスした「菓子文化」発信してきました。

現在では、地域に古くから伝わる赤飯まんじゅうなどの和菓子や、信州特産のリンゴを使った「アップルパイ」やロールケーキ、又どら焼きや薄皮まんじゅうといった、南信州地域の特産品でもある「半生菓子」では、「カマンベールどら焼き」や「窯焼黒糖ケーキ」などの新しい味づくりにも挑んで、全国に販売しています。

また、今日の現代社会は、様々な問題を数多く抱えています。経済問題や急速に展開する様々な社会問題・グローバル化などです。 「いじめ」や「孤独」といった人間関係の過疎化、特にコミュニケーションの欠如は最も深刻です。

「津具屋」では、我々が創るお菓子が、人と人との心をつなぐ大切なアイテムとして位置づけています。
美味しいお菓子は、地域や職場など様々な場面でコミュニケーションを生み出します。お菓子を通し人と人との心を繋げ、よりよい人間関係を作るお手伝いをしたいと考えています。 われわれ「津具屋」の社員は、「感動や安らぎ」を感じて頂く、安心で安全な美味しいお菓子を創り続けます。

社訓

繁栄と前進・感謝と奉仕・忍耐と協力・創意と工夫・健康と明朗
社訓

経営方針

  • 一、安全な製品をつくります
  • 一、安心な製品をつくります
  • 一、美味しいと言われる製品をつくります
  • 一、きれいな製品をつくります
  • 一、価値ある製品をつくります
経営方針

企業概要

代表者 堀口 博
所在地 〒 399-3101長野県下伊那郡高森町山吹1646-12
連絡先 TEL 0265-35-7766 FAX 0265-35-7767
業 種 菓子製造及び販売
創業年 1954年(昭和29年)設立
資本金 1000万円
※グループ資本金 3800万円
従業員数 110名
※グループ従業員数 300名

沿革

昭和29年 法人に改組
昭和58年 高森町に新工場
平成元年 信州苑駒ヶ根店 開店
  お菓子の里飯田城 開店
平成4年 信州苑治部坂店 開店
平成6年 信州苑光前寺店 開店
  ほうとう会館 開店
平成14年 八ヶ岳チーズケーキ工房 開店
  京都丹波黒二寧坂店 開店
平成15年 京都丹波黒銀閣寺店 開店
平成16年 蓼科高原チーズケーキ工房 開店
平成18年 たまごロールケーキ工房 開店
  美し森ファーム 開店
平成21年 たまごとミルクとりんごの樹 開店
平成22年 河口湖チーズケーキガーデン 開店
  河口湖スイーツガーデン 開店
ページTOPへ戻る